WordPressのサーバー移行・DNSの浸透完了の確認方法【Chrome拡張機能で解決】

はじめ

WordPressブログのサーバー移行を終えたけど、完全に移行されるのはいつ?
DNSの浸透完了は終了したのかな?
サーバー移行完了・ネームサーバーの浸透完了を調べる方法は?

本記事では、上記の疑問に答えていきます。

この記事を読めば、Google ChromeでWordPressのサーバー移行・DNS(ネームサーバー)の浸透完了の確認方法を知ることができます。

アフィリエイトにおすすめです!

低価格の高速サーバー「mixhost」

  • 880円〜と月額料金が安いです。
  • 使用量が割当られている次世代型共用レンタルサーバーです。
  • WEBサーバーにnginxよリも速いLiteSpeedを採用。
  • 高性能なので初心者でも速い表示速度を実現できます。

\今なら30日間の返金保証付きです/

※私も実際に「mixhost」を利用してブログを運営しています。

この記事を書いてる人

溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi

   

1986年生まれ 33歳 札幌在住
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になり、フリーランスへ。現在はブログより年間1,000万円の収益を得ています。

この記事の内容

1. WordPressのサーバー移行・DNSの浸透完了の確認方法【Google Chrome拡張機能で解決】

WordPressのサーバー移行・DNS(ネームサーバー)の浸透完了を調べるには、移行先の「新サーバーのIPアドレス」に接続されているかを確認すればOKです。

そして、Google Chromeで開いたサイトのIPアドレスを確認することができるChrome拡張機能「Website IP」で一発解決することができます。

Chrome拡張機能「Website IP」でサーバー移行・DNS(ネームサーバー)の浸透完了を調べる方法は、以下の通りです。

サーバー移行・DNSの浸透完了の確認方法
  1. Chrome拡張機能「Website IP」をインストール
  2. Website IPの拡張機能を「Enable(有効)」にする
  3. サーバー移行・DNSの変更を行ったブログへアクセス
  4. ブログのIPアドレスが新サーバーのIPアドレスを確認
  5. 新サーバーのIPアドレスに変更されていれば移行完了

1-1. Chrome拡張機能「Website IP」をインストール

まずは、Chrome拡張機能「Website IP」をインストールしましょう。

Chromeウェブストアから無料でインストールすることができます。

1-2. Website IPの拡張機能を「Enable(有効)」にする

Website IPは、煩わしい設定は一切なく、インストールすればすぐ使える拡張機能です。

インストールが完了すると、Google Chromeの右上にWebsite IPが表示されるようになっています。

Website IPを左クリックすると「Enable(有効)/Disable(無効)」を選択できるので、「Enable(有効)」に設定しましょう。

ちなみに、Website IPを左クリックし「Enable」と表示されていれば「Disable(無効)」状態。「Disable」と表示されていれば「Enable(有効)」状態です。

1-3. サーバー移行・DNSの変更を行ったブログへアクセス

Website IPを「Enable(有効)」にしたら、サーバー移行・DNSの変更を行ったドメインのブログにアクセスします。

すると、Website IPが「Enable(有効)」になっていれば、ブラウザの右下に接続されているサーバーの「IPアドレス」が表示されます。

1-4. ブログのIPアドレスが新サーバーのIPアドレスを確認

次にそのIPアドレスが、新サーバーのIPアドレスになっているのかを確認していきます。

私はXSERVERからmixhostにサーバー移行を行いましたので、私の実例で解説していきます。

mixhostのIPアドレスの確認方法

mixhostのIPアドレスの確認の手順は以下の通りです。

  1. mixhostのマイページにログイン
  2. 「cPanel」にログイン
  3. 「サーバー情報」内にmixhostのIPアドレスの記載がある

①mixhostのマイページにログイン

②「cPanel」にログイン

③「サーバー情報」内にmixhostのIPアドレスの記載がある

XSERVERのIPアドレスの確認方法

XSERVERのIPアドレスの確認の手順は以下の通りです。

  1. XSERVERのサーバーパネルにログイン
  2. 「アカウント→サーバー情報」を選択
  3. 「サーバー情報」内にIPアドレスの記載がある

①XSERVERのサーバーパネルにログイン

②「アカウント→サーバー情報」を選択

③「サーバー情報」内にIPアドレスの記載がある

1-5. 新サーバーのIPアドレスに変更されていれば移行完了

新サーバー(mixhost)のIPアドレスを確認し、上記のように移行したブログのIPアドレスが変更されていれば移行完了となります。

ちなみに、DNS(ネームサーバー)が完全に浸透するまでの期間をmixhostに問い合わせてみたところ以下の回答を頂きました。

一般的に、ドメインのネームサーバーをご変更されますと、最大72時間かけてインターネット上への反映が完了いたします。

そのため、各ドメインのネームサーバーご変更から最大3日間を目安としてお考えいただくとよろしいかと存じます。

引用:mixhostカスタマーサポートのメールの一部分

もし、サーバー移行したのにもかかわらず、IPアドレスが新サーバーの物に変わっていない方は、3日以上開けてから、再度IPアドレスを確認してみましょう。

まとめ

今回は、Chrome拡張機能でWordPressのサーバー移行・DNS(ネームサーバー)の浸透完了の確認方法についてお話してきました。

以下の手順で簡単にサーバー移行・DNS(ネームサーバー)の浸透が完了したか調べることができます。

サーバー移行・DNSの浸透完了を調べる方法
  1. Chrome拡張機能「Website IP」をインストール
  2. Website IPの拡張機能を「Enable(有効)」にする
  3. サーバー移行・DNSの変更を行ったブログへアクセス
  4. ブログのIPアドレスが新サーバーのIPアドレスを確認
  5. 新サーバーのIPアドレスに変更されていれば移行完了

先程もお話ししましたが、完全移行・浸透には3日程度掛かりますので、その点も理解しておきましょう。

アフィリエイトにおすすめのレンタルサーバー3選

アフィリエイトで稼ぐためには「ブログの表示速度」はとても重要です。なぜなら、3秒以上ブログの読み込みに時間がかかると約40%以上のユーザーが離脱すると言われており、Googleは「表示速度は収益に等しい」との見解を示しているからです。

そのため「ブログの表示速度」を向上させるために、速いレンタルサーバーを選ぶことがとても重要だという事です。そして具体的には、以下の3つのレンタルサーバーから選ぶのがおすすめです。

アフィリエイトにおすすめです!

低価格の高速サーバー「mixhost」

 (4.5)

  • 最安880円〜/月とコスパ最強です。
  • 使用量が割当られている次世代型共用レンタルサーバーです。
  • WEBサーバーにnginxよリも速いLiteSpeedを採用。
  • 高性能なので初心者でも速い表示速度を実現できます。

\今なら30日間の返金保証付きです/

※私も実際に「mixhost」を利用してブログを運営しています。

低価格の高速サーバー「mixhost」

 (4.5)

  • 最安880円〜/月とコスパ最強です。
  • 使用量が割当られている次世代型共用レンタルサーバーです。
  • WEBサーバーにnginxよリも速いLiteSpeedを採用。
  • 高性能なので初心者でも速い表示速度を実現できます。

\今なら30日間の返金保証付きです/

※私も実際に「mixhost」を利用してブログを運営しています。

GMOの高性能サーバー「ConoHa WING」

 (4.5)

  • ドメインとセットで最安800円〜/月で利用可能です。
  • サーバー速度性能が高いです。
  • mixhostと同じ使用量が割り当てられている「リザーブドプラン」がある。
  • 東証一部上場企業GMOが運営する安心感。

\今ならドメインセットで初月無料/

※有名なブロガーも多く利用しています。

ブログ入門の定番サーバー「Xserver」

 (4.0)

  • 最安900円〜利用する事が可能です。
  • サーバーの安定性に定評があります。
  • 初心者にも使いやすい管理パネルが魅力です。
  • 独自のサイト高速化システムがあります。

\今なら10日間お試し利用が可能です/

※私も実際に「mixhost」の前に利用していました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事の内容
閉じる