アフィリエイトのやるべき5つのSEO対策。最低限でOKです。

はじめのアイコン画像はじめ

アフィリエイトで稼いでいく上でSEO対策って重要なんでしょ?上位表示させるためのSEO対策のテクニックが知りたい。

本記事は上記のような方に向けて記事を書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web)です。

私はアフィリエイトを始めて約3年で、現在では専業ブロガーとしてアフィリエイト収益のみで生計を立てています。

さて、あなたもアフィリエイトを始めるにあたり、又は取り組んでいる最中で「SEO対策をどのように行えば良いのだろうか」と悩んでいたのではないでしょうか。

私も最初はどうやったら上位表示を獲得できるのだろうとその裏技的な方法ばかりに目を向けていました。

でも、経験を積むにつれてそういった裏技的な方法や抜け道などのSEO対策を求める事は非常にコスパが悪いなと感じている次第です。

そして、ぶっちゃけアフィリエイトにおいてSEO対策は最低限で良いかなと考えています。

なので、この記事では初心者の方に向けてアフィリエイトのSEO対策と最低限で良い理由についてご紹介していきたいなと思います。

お洒落なサイトが誰でも作れる!

ブログを書くのが楽になるテーマ「SWELL」

  • 誰でも簡単にオシャレなブログが作れます!
  • WordPressの使いやすさがアップします!
  • キャッシュ機能とページ高速遷移機能で初心者も簡単にWordPressの高速化が可能です!
  • アフィリンクの一元管理機能が標準装備されてます!

\一度使うと他のテーマには戻れません!/

※実際に私の当ブログは「SWELL」を使って運営しており、大満足のテーマです!

この記事を書いてる人

溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi

   

1986年生まれ 33歳 札幌在住
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になり、フリーランスへ。現在はブログより年間1,000万円の収益を得ています。

この記事の内容

1.アフィリエイトのSEO対策は最低限でOKです。

さて、早速結論からお話しすると、アフィリエイトのSEO対策は最低限の知識と取組みだけでOKです。

理由は単純で、Googleアルゴリズム・SEOの正解は誰にもわからないからです。

例えば、以下の事柄を追求し続けるのは非常にコスパが悪いです。

SEOに関する疑問
  • 1記事あたりの文字数は多い方がいいのか?少ない方が良いのか?
  • 「被リンクが多いと有利」と聞いたので自作自演でリンクを当てようかな?

あくまでも一例ですが、上記のことを悩んでいても「正解はGoogleしか知らない」ため、悩んでも無駄かなというのが私個人的な見解です。

その根拠として、バズ部でも以下のような見解がなされています。

結論から言うと、アルゴリズムを解明しようとすることは無意味だ。
なぜならGoogleは、絶えずアルゴリズムに変化を加えているため、24時間後には別ものになっているからだ。
Googleのアルゴリズムを分析して、その抜け道を見つけようとするのではなく、Googleにも検索ユーザーにも感謝されるようなコンテンツを作ることに全力を注ごう。

https://bazubu.com/

バズ部の見解の通りで、SEO対策を追い求めるのではなく、ユーザに支持されるコンテンツを作ることがアフィリエイトにおいても最重要だと言うことです。

1-1.ユーザーに支持されるコンテンツはGoogleも評価する

ユーザに支持されるコンテンツを作ることで、Googleからも評価を受け、結果としてアフィリエイトの成果は伸びます。

その根拠として、Google公式ブログでは以下のように言われています。

検索ユーザーが素晴らしいサイトを見つけて情報を得る、その手助けのために Google は多くの検索アルゴリズム変更を行っています。
私たちはまた、検索アルゴリズムだけの為でなく、ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々の努力が、きちんと報われてほしいと考えています。

https://webmaster-ja.googleblog.com/

つまり、上位表示のために記事を書くのではなくて「ユーザーの問題解決に役立つ記事作りを心がけること」がとても重要だということです。

そして、ユーザーのために良いコンテンツを作り続ける事によって、「アフィリエイト報酬」と言う成果をもらうことができるのです。

もちろん、こういうことを言うと「綺麗事だ!」と言う方もいるかも知れませんが、SEOの正解がわからないのだから「ユーザーファースト」に考えるしかないでしょ?というのが私は考えています。

【結論】SEO対策よりもコンテンツ制作に力を入れよう

以上のことから、アフィリエイトのSEO対策に多大なる時間を割くのではなく、ユーザーの満足度を上げるコンテンツ制作に力を入れる方が圧倒的にコスパが良いです。

そして、ユーザから支持を受けるコンテンツを作れるようになれば、自ずと結果は後からついて来ると言うことです。

Google が掲げる 10 の事実
ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

https://www.google.com/about/

事実、私自身もアフィリエイトを始めた当初はSEO対策に夢中になっていました。

しかし、その後「ユーザーの満足度が高いコンテンツとは?」を第一に考えるようになり、収益は徐々に伸びていきました。

なので、私の体験・経験からも「SEOではなく、ユーザーを向いてコンテンツを作成する事」はとても重要だと感じています。

2.アフィリエイトでやるべき5つのSEO対策

さて、それでは「アフィリエイトでやるべき5つのSEO対策」は以下の通りです。

アフィリエイトでやるべき5つのSEO対策
  1. 記事タイトルにキーワードを入れる
  2. 見出し(h2~h4)を適切に使う
  3. 検索意図を読み解き、それを満たしたコンテンツ作り
  4. ユーザーが読みやすい記事作り
  5. 内部リンクでサイトの使い勝手を上げる

ちなみに、私のSEO対策の知識となっているのは以下のサイトの情報を参考にしています。

上記のサイトは、とても勉強に情報を提供しておりますので、読んだことのない方は是非一度ご覧ください。

2-1.記事タイトルにキーワードを入れる

まず、「ブログの記事タイトルにキーワードを入れる事」です。

これはSEOにおける基本中の基本なので必ず行うようにします。

理由は単純で、検索エンジンでは検索キーワードがタイトルに含まれているコンテンツを優先して表示させると言われているからです。

具体的に説明すると、この記事は「アフィリエイト SEO対策」と言うキーワードで上位表示を狙っています。

当記事のタイトル

アフィリエイトのやるべき5つのSEO対策。最低限でOKです。

このようにキーワードとなる「アフィリエイト SEO対策」を含めて設定しています。

ちなみにバズ部でも以下のように言われています。

Titleタグでのキーワード使用
タイトル内でのキーワード使用は非常に重要だ。
なぜなら、検索エンジンの表示結果には、Titleタグ内の文言が最も優先的に表示されるからだ。

https://bazubu.com/

なので、まずはブログの記事タイトルには「上位表示したいキーワード」を入れる事を必ず意識しましょう。

【よくある疑問】タイトルの文字数は?

はじめのアイコン画像はじめ

タイトルの文字数は何文字にすれば良いの?

と悩む初心者の方も多いかなと思います。

実は私も過去、同じように悩みました。

ちなみにバズ部の見解では「タイトルの文字数は、最大32文字を目安にするのが望ましい」と言われています。

タイトルタグ内の文字数は、最大32文字を目安にしよう。

https://bazubu.com/

しかし、この点については私はそれほど気にしなくてOKだと考えています。

理由は、実際にSEOやアフィリエイトで結果を出している「クレジットカードの読みもの」のサイトのタイトルの文字数を見てみると「32文字以上」使われているからです。

なので、「タイトル文字数32文字」と言うのはあくまでも目安であって絶対ではないと私は考えています。

2-2.見出し(h2~h4)を適切に使う

記事内で「見出し」を適切に使い、「文章構造」を明確にするようにしましょう。

なぜなら、ユーザーにとっても読みやすいコンテンツになりますし、Googleクローラーにとっても認識しやすい構造になるからです。

そのため、見出しを適切に使っているコンテンツはSEOに有利と言われています。

バズ部の見出しに対する見解は以下の通りです。

文中では、h2やh3などの見出しを使って文章構造をハッキリさせよう。
そうすることで、ユーザーにとってもランキングエンジンにとっても見やすい構造になる。
結果、SEOにプラスの効果をもたらす。

https://bazubu.com/

さらに、見出し内にはキーワードを使用することが望ましいとも言われています。

Hタグ内でのキーワード使用
Headingタグにもキーワードを設定しておくことで、検索エンジンロボットが、そのコンテンツの内容を適切に理解できるようになる。

https://bazubu.com/

なので、見出しを適切に使いつつ、見出しの中にはキーワードをなるべく含めるようにしましょう。

【注意点】見出しは順番を守って使う

見出しを使う際の注意点なのですが、見出しは順番を守って使うようにしましょう。

理由は単純で、見出しはコンテンツを装飾する目的のタグではなく、文章構造をはっきりさせるためのタグだからです。

具体的に言うと以下の通りです。

■悪い記事構成(見出しの使い方)
 h3:中見出し
h2:大見出し
  h4:中見出し
h2:大見出し
  h4:中見出し
 h3:中見出し
■良い記事構成(見出しの使い方)
h2:大見出し
 h3:中見出し
  h4:小見出し
h2:大見出し
 h3:中見出し
  h4:小見出し

上記の具体例のように「h2→h3→h4」と順番になるように使いましょう。

WordPressの見出しの使い方の注意点については以下の記事でさらに詳しくお話ししておりますのであわせてご覧ください。

2-3.検索意図を読み解き、それを満たしたコンテンツ作り

キーワードの検索意図を読み解き、その検索意図を満たしたコンテンツ作りが大事です。

理由は単純で、ユーザーは「検索キーワードに関する答え(検索意図)」を求めているからです。

つまり、ユーザーが求める検索キーワードに対する答えが書いていないコンテンツ・記事と言うのはそのユーザーにとって「優良のコンテンツではない」と言うことです。

ウェブライダーの著書「沈黙のWebライティング」には以下のように書かれています。

コンテンツの見やすさわかりやすさ以上に、ユーザーの「検索意図」に合った情報を集める事が大切です。
なぜなら、どれだけ魅力的なコンテンツであっても、上位表示を狙うキーワードの検索意図からズレているのであれば、検索結果で上位表示されにくくなるからです。

著書「沈黙のウェブライティング」より

以上のことから、検索意図を読み解き、検索意図を満たしたコンテンツ作りはSEOの観点から見てもとても重要であると言うことです。

ちなみに、SEOキーワードの検索意図を読み解く方法については以下の記事で詳しく解説してますのでこちらも併せてどうぞ。

2-4.ユーザーが読みやすい記事作り

ユーザーが読みやすい記事作りを意識することです。

理由は単純で、記事が読みやすくなることによってユーザーの満足度も上がり、「滞在時間の向上・PV数の増加」などSEOの観点から見ても良い影響を受ける可能性があるからです。

この点についてのバズ部の見解は以下の通りです。

Googleがどのようにサイトのオーソリティ(権威性)を決定しているのかは明らかになってはいない。
しかし、被リンクの数と質、ソーシャルメディア上での活動、サイト内の滞在時間や平均PVなどを、総合的に判断していると考えられている。
そのため、サイトのオーソリティを上げるためには、様々な施策を入念に行うことが重要だ。

https://bazubu.com/

つまり、読みやすい記事作りが直接的にSEOに関係しているか定かではないが、結果として良い影響を受ける可能性が高いと言うことです。

具体的に言うと、以下の施策をすることがおすすめです。

読みやすい記事作りのコツ
  • 論文のようなテキストだけのコンテンツにしない
  • オリジナルの画像・解説画像を使う
  • 箇条書きやBOXで視覚的見易さの向上

私が普段から心がけているポイントは上記の3つです。

また、私のブログを見ていただいてる方であれば気づいているかと思いますが、「箇条書きやボックス」を頻繁に使っていたり、フリー画像を使いつつもPhotoshopで加工したりしています。

また、テキストで説明するよりも画像が良いと感じた場合、解説画像もオリジナルで作成し掲載しています。

ただし「読みやすい記事作りには正解はない」ので、あなたの考える読みやすさを追求してみてください。

2-5.内部リンクでサイトの利便性向上

内部リンクでサイトの利便性を上げることです。

内部リンクを貼るのには2つの理由があります。

内部リンクを貼る理由
  • Googleクローラーが巡回しやすくなるため
  • 読者に対しブログ内の情報を読みやすくするため

「前者」の理由についての解説は不要かなと。

「後者」の理由について詳しく解説すると、ブログの記事数が多くなればなるほど、読者は「どの情報が必要なのか?どの記事を読めば良いのか?」ブログ内で迷子になる可能性が高まります。

これの解決方法として、「内部リンク」が役に立つという事です。

具体的な実例を挙げると以下のような部分です。

  • このようなお悩みの方はこちらの記事を見てね。
  • 以下の記事で詳しく解説していますので詳細が知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

内部リンクを貼ってあげる事で、「こんな記事も書いているよ!」と伝えることができ、ブログの利便性を高めることができますよね。

そして、ブログの記事数が増えれば増えるほど内部リンクの重要性は高まると考えています。

そして、ユーザの満足度・利便性を上がることによって結果として、SEO的にもアフィリエイト的にも良い成果につながる可能性が高まるということです。

そして、実際に参考になる稼がれている方のブログ・サイトを見ると内部リンクが非常に細やかに配置されています。

なので、内部リンクでブログの使い勝手を上げる事も非常に重要な要素だという事です。

まとめ

今回は、アフィリエイトのやるべきSEO対策と最低限で良い理由についてお話ししてきました。

繰り返しになりますが、SEOについて深く考えたとしても答えはGoogleしかわかりません。

なので、SEOを攻略するのではなく、ユーザの満足度を上げる利便性を上げるブログ作りを心がけることが結果として良い成果を生むと言うことです。

最低限、本記事でご紹介した「5つの事」を意識しつつコンテンツを作りましょう。

ちなみに、アフィリエイトの始め方については以下の記事で解説していますので合わせてご覧ください。

【PR】現役ブロガーの実践ノウハウをこっそり教えちゃいます。

当サイトでは、私が月7桁稼ぐまでに至ったノウハウ・現在実践しているノウハウを「ツヨシウェブSHOP」で有料コンテンツとして販売しております。実際にブログで月7桁稼いだ実績を持っており、また現在もブログ収益で生活をしていますので情報の信頼性は高いと感じています。

しかし、有料コンテンツで提供している情報は「楽して稼ぐ!」というものにはなっておらず、これから私と同じようにブログ・発信者として生活していきたい方に向けて書いておりますので「継続的に作業できる方のみ」ご購入いただければ幸いです。

また、コンテンツには自信を持って提供させて頂いておりますので、もし購入後ご不満がございましたら「返金対応」させて頂きます。

月7桁をを達成したサイト設計方法です!

初心者のための「サイト設計方法」月7桁を実現するブログの作り方を解説。

  • 見込み客→キーワード選定→サイト導線が重要。
  • 「成約から近い見込み客」の考え方について解説。
  • 狙うべきキーワードについて解説。
  • サイト導線の考え方について解説。

\月7桁を達成したサイト設計方法が学べます!/

初心者のための「サイト設計方法」月7桁を実現するブログの作り方を解説。
  • 見込み客→キーワード選定→サイト導線が重要。
  • 「成約から近い見込み客」の考え方について解説。
  • 狙うべきキーワードについて解説。
  • サイト導線の考え方について解説。

\月7桁を達成したサイト設計方法が学べます!/

初心者のための「サイト設計方法」月7桁を実現するブログの作り方を解説。
  • 案件を選ぶ際の7つのポイントが学べます。
  • 購入されやすい商品の特徴。
  • 案件選びで重要な見るべきポイント。
  • 案件を取り組む際に確認すべき事項。

\アフィリ案件を選ぶ秘訣が学べます!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の内容
閉じる